ギャラリーとちの実



         ≪とちの実通信≫



流木展開催の変更について
                              (2022/4/21)

 昨年末に営業スタイルの変更をお伝えしましたが、流木展
については更に変更させていただきます。流木展は毎月開催
の予定でしたが、新しい作品の制作に費やす時間がどうして
も欲しかったというのがその理由です。今後はほぼ3ヶ月置
きの開催になりますが、引き続きご愛好いただきますようよ
ろしくお願い申し上げます。
(注):貸しギャラリーについての変更はございません。

◆開催時期と営業時間の変更内容

 *3月 、 6月 、9月 、11月 の各月初めの6日間
  (1日~6日まで)

 *11時00分~16時00分までといたします。

 なお、流木展開催時には趣向を凝らし伝統工芸品やハンド
 メイド作品の展示・販売も計画しています。


■ 竜の姿になった流木  ?

                               2022/4/21)

 15年ほど前になるだろうか。常連のお客さんから大きな流
木をいただいたのは。当時は茶褐色のただ大きいだけの流木
にすぎませんでした。でも、伺うと都幾川の河原に降り立ち
ご夫婦でとちの実に持って行ってあげようと苦労してワンボ
ックスカーに積み込んで来たもの。当然有難く頂くことにし
たわけですが、正直保管場所に困りベランダの片隅に放置せ
ざるを得ませんでした。
 そして時が経ちつい最近のことです。外壁の塗装工事を行
うためベランダ周辺を片付けようとしたその時です。放置さ
れっ放しの例の流木が竜の姿に見えるではありませんか。
上から横から眺めても竜にしか見えませんでした。一度決め
つけたら尚更のこと、竜そのもでしかなかったのです。長い
間日光に照らされ風雨にさらされ現在の竜の風貌に変身した
ようです。枝ぶりから察するともみの木でしょうか。芯はか
なり硬くずっしりしていて2.3m程の長さがあります。
 
 こうして誕生した竜、今後流木展の際には時々出現させた
いと思っています。
 
    
 ギャラリーの出入り口から外を眺める竜の雄姿


営業スタイルの変更について
                              (2021/12/1)

 ギャラリーとちの実では作家さん向けギャラリーのレンタ
ルサービスを主体に展開して参りましたが、本年より自然な
流木と加工品の展示・販売にシフトし引き続き運営すること
にいたしました。皆様には引き続きご愛顧賜りますとともに
相変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
 なお、こうした変更は来春3月1日より実施の予定ですが、
コロナウイルスの爆発的な感染拡大が続くようであれば、影
響を避けスタート時期を先送りにしたいと考えています。
 変更内容は以下の通りです。

 <変更内容>

1)ギャラリーのレンタルサービスについて

・レンタルは下記2)の開催日以外、通年でお貸しします。
・レンタルは一日単位でご自由にご利用ください。
  *暖候期( 3〜  9月) 11:00〜17:00
  *寒候期(10〜 2月) 11:00〜16:00
・作品の搬入・搬出は原則ご利用様でお願いします。
  なお、テーブルなどの備品はご自由にご利用ください。
 また、絵画等飾り付けの際はご協力させていただきます。
・レンタル料金は一日当たり¥4,000ーでお願いします。
・その他、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

2)流木の展示・販売の定期的開催について

〇 営業日:3月、4月、5月、6月、7月、9月、10月、11月
      の各月初め1週間(1〜7日)に営業します。
〇 営業時間:暖候期 11:00〜17:00  
        :寒候期 11:00〜16:00  
〇 営業内容 
 *流木の加工品や自然木の展示・販売を行います。
 *月替わりで流木作品以外のハンドメイド作品も同時に
  展示・販売いたします。
 *ご要望により、流木の体験教室も行います。

  以上、〜 自然の恵み”流木”の限りない
       魅力をお伝えして参ります〜 

3)各種印刷サービスについて

〇 DM・年賀はがき名刺などの印刷を承ります。
〇 絵画や写真を基にしたレンダーを作成いたします。
 … これらサービスの詳細についてはお尋ねください。


■ 巣立ちはいつ?
                               (2021/6/10)

     

   気分転換に道の駅「八王子滝山」にドライブ出かけた時の
こと。
館内で地元産野菜を少々と軽食を済ませた後トイレの通路に
に入った時です。突然ツバメが飛んで来たなと思ったらすぐ
さまピイーピイーとひな鳥の鳴き声が…?。そうです、見上げ
た天井付近の壁には可なり大きくなったツバメのひな鳥が大
きな口を開け餌をもらっているではありませんか。懐かしい
光景にしばし足を止め辺りを見渡すと同じ様な位置に営巣が
3カ所あり、内2カ所の営巣にはそれぞれ5匹ほどのひな鳥た
ちが営巣から身を乗り出すように親鳥が運んでくる餌を待っ
ていました。餌は事欠かないとみえて親鳥が頻繁に飛来して
は、そのたびにひな鳥たちの大きな鳴き声がトイレ専用棟の
館内いっぱいに響き渡っていました。
 それにしてもツバメって、外敵から身を守るには人気の多
い処が安全であることが身についているんですね!とにかく
みんな元気に育ち、そしてみんな無事に帰ってきてねてね!
と願わずには居られませんでした。


■ ギャラリー再開のお知らせ!
                               (2020/7/1)
皆様へ
 新型コロナ禍の影響で自粛中であった展示会を再開するこ
とにいたしました。
緊急事態宣言が解かれ他県をまたがる移動が可能となったの
を機に再開させていただいた訳ですが、最近の感染者数をみ
ますとまだまだ安心できる状況にあるとは言えません。
 ギャラリーとちの実では再開に当たりお客様が安心してご
利用いただけますよう感染防止に努めて参ります。ご不便ご
迷惑をおかけしますが今後ともようよろしくお願い申し上げ
ます。なお、当座の展示会予定はスケジュール・コーナーを
ご参照いただけましたら幸いです。


皆様へ
                                                                 (2020/3/30)

陽春の候 皆様におかれましてはますますご清栄のことと
お喜びを申し上げます。
 日頃はギャラリーとちの実をご愛顧いただき誠にありがと
うございます。
 さて、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の防止並びに
皆様の健康と安全を確保するため、当面ギャラリーの運営を
休止させていただくことにいたしました。
 終息の見通しがたたない中、再開までにはある程度長引く
恐れもあります。
 皆様には大変ご不便をおかけしますが、どうぞご理解を賜
りますようよろしくお願い申し上げます。
                              

■〜流木拾いに行ってきました!〜
                           (2019/3/25)

 3年振りになるだろうか? 本格的に流木拾いに行ったの
は。その間、流木作品を作らなかったわけではなく、知人
からちょくちょくと頂いていたので制作に何ら困らなかった
というのが理由です。そんな折ではありますが、生け花の芯
や台に利用できるような味わい深い流木が欲しくなり、郷里
の墓参りの際鬼怒川に立ち寄ることにしました。
 郷里は年に2〜3回、お彼岸とお盆のお墓参りの際に車で出
かけていますが、鬼怒川は通過するポイントでしかありませ
んでした。というのも、実家の墓参りの際は必ず他に親戚2
ヶ所の墓参りも済ませてくるので、河原に立ち寄るだけの時
間的余裕が無くただ通り過ぎるだけでした。
そこで、3月18日の早朝4時に起床して出かけることにしたの
です。早朝の墓参りはすがすがしく、無事墓参りを済ました
後は叶わなかった鬼怒川に降り立ち、念願であった流木拾い
に興じることができました。当日は写真をご覧の通り真っ青
な青空に恵まれ、遠方には日光連山と嵩原山〜那須連山がく
っきりと美しい姿を現し、ふるさと自慢の景色が広がってい
ました。残雪が残り木々が芽吹く頃が最も美しいふるさとで
はないかと思っています。
 長靴や手袋をしっかり身にまとい家内と二人で沢山の流木
を拾うことができました。拾い集めた流木をゴロゴロとした
玉石に足を取られなが、体をふらつかせながら何度もマイカ
ーまで運んだのでちょっぴり疲れはしましたが、それよりも
青空の下、ふるさとの大自然にすっかり浸り、爽快な時間を
過ごせた満足感でいっぱいとなりました。
 ふるさとよ 本当にありがとう! また行きま〜す。

  
             鬼怒川と日光連山の雄姿 
  
              男体山〜那須連山 
  
               流木が点々と…
  
            時には流木と格闘することも…


■=狙うレンズの先には?= 

だというのにカラカラ 梅雨状態の関東地方。久しぶりに大
雨(6/21)になった翌日、隣接する大南公園に行ってみると
何やら大勢の男衆が樹木の方に向って大型カメラを構えてい
る集団に出会いました。定年退職され自由人になった時間を
カメラに注ぎ込んでいる皆さんのように映りました。
 そうです。皆さんは以前にもご紹介させていただきました
ツミ鳥(日本最小の猛禽類)の営巣している姿をご自慢のカ
メラに収めようと競い合っている光景だったのです。
「あーあの枝が邪魔だなアー」、「あー、あの葉っぱが邪魔だ
なアー」と、しきりに不満の声が飛び交っていました。こうし
た光景はヒナが巣立ちを迎える来月中ごろまで続きそうな感
じでした。(ツミを見るよりカメラの放列の方が目を奪われ
てしまったので思わずパチリと相成りました。)

  

  

  

  

  
 









ツミの雄姿(ネットより転写)


 MURA                Fes 2016  が4/3に開催されました
                          (2016/4/5)
 
 目の前の大南公園で武蔵村山初めての野外音楽イベントが
大々的に開催されました。 ご出演されたメンバーは、

 ・市立村山学園中学校吹奏楽部
 ・都立上水高校吹奏楽部
 ・NEWTIDE JAZZORCHESTRA(国立音大)
 ・THE YELLOW FEVERた、
 ・井上大地&いざかやブラスバンド
 ・民謡クルセイダーズ
 ・コロリダス
 ・Zipaangu Steel Orchestra
の皆さんで、各種イベント、ライブハウス、ストリートなど
で幅広く音楽活動をなさっています。次々と繰り出すジャズ
、ロック、ラテンリズムに乗って手拍子やダンスを踊りだす
人の姿も現れ”音楽フェス”広場は一日中盛り上がっていまし
た。
 イベント会場には、更にフードエリアに沢山の飲食店が、
ショップ&ワークショップエリアには、地元で人気沸騰中の
ハンドメイドショップが30店ほど並び、まつりムード一色
に染まっていました。
 桜満開の下、家族連れ・友達同士で大いににぎわいを見せ
、初めて試みた「MURA Fes」は大成功だったのでは
ないでしょうか。隣接している菖蒲園の一角に間もなく戸建
てのビックタウンが誕生します。
 このイベントが地域住民のふれあいの場、文化交流の場と
して、今後発展していくことが期待されます。


 
 
 

 

 

 


■=今年も練り歩きました=   (2015/11/10)
  
 ”村山デエダラまつり”は地域の活性化と観光の振興を図る
ことを目的に毎年10月に開催している市民まつりです。
 市内に古くから伝えられている「デイダラボッチ(大多羅
法師)」の巨人伝説にちなんで始まったご当地まつりですが
、全国各地にも類似した名称で巨人伝説が残っているようで
す。
今年で第10回目を迎えた”村山デエダラまつり”は10月30日
から11月1日の2日間、昨年に続き今年も好天に恵まれ多く
の来場者で賑わいを見せました。まつりのメイン会場は日産
工場跡地の広大な広場で、まつり初日の午後3時過からは、
市内の数か所からデエダラボッチの山車をはじめ市民の手づ
くり山車が一斉に出発し、お囃子、太鼓のリズムに合わせて
山車、甲冑隊、踊りが街中を練り歩き、夕やみ迫る6時半頃
にはメイン会場に全ての山車が合流しまつりのクライマック
スを迎えました。
 我がとちの実の看板を掲げたお囃子太鼓も誇らしげに沿道
を練り歩きました。むさし村山ストリートダンス協会さんが
制作したという非公認ゆるキ
ャラの「ムラッパー」と共にまつりに参加させていただきま
した。 写真は、とちの実にほど近い”ふれあいセンター”を
出発した頃の様子です。 
 
 

 

  



ボクが、むさし村山ストリー
トダンス協会が制作したゆる
キャラの ”ムラッパー”です。

 以後 ヨロシク!で〜す


 
 
 

 


■ 摩訶不思議な創作人形展のおしらせ!  
                            (2015/5/10)

 ・タイトル: 木住野利明ワールド「異界の住人たち」
 ・期  間: 5月日(21木)〜26日(火) 
                  (11:00〜17:00)

        
  
 

東大和市に在住の絵本・造形作
家木住野(きしの)利明さんの
個展「異界の住人たち}が5月
21日から26日までギャラリ
ーとちの実で開催されます。
 
 毎年この時期に開催される同作品展。

一見するとゾーとのけぞってしまいそうな不気味さが漂いま
すが、ジーと見つめていると何故か親近感さえ覚えるそんな
ユニークな人形たちなのです。
 胴体は西洋ミズカナメやサザンカなど自宅の庭で伐採した
小枝をタコ糸などで組み立て、その骨組みに和紙を二重に張
り重ね乾いた頃合いを見てパッチワーク的にカットした布を
胴体に張り、筆で.点画や目を描けば摩訶不思議な人形の誕生
です。 最大の特徴は何といっても目ヂカラにあります。
どこか遠く未来を見つめているような目、語りかけてくるよ
うな目、見つめられいる様な目など様々な表情に圧倒されま
す。
 木住野さんはあきる野市戸倉に生まれ。幼少のころ野山や
河原で時の経つのも忘れ遊んで夕闇迫るころ、どこからとも
なく聞こえてくるざわつきや怪しげな足音などに遭遇した不
思議体験がよみがえり、もしかしたらあの時の怪しげな正体
はこのような生命体だったかも… とイメージをふくらませ
て作品を生みだすんだそうです。しかも無尽蔵に次から次へ
と生まれてくるのです。神話や伝説上に登場する生命体も現
に生存するかのように生まれてくるのです。
 「ひっくりかえる」の作品名で創絵本新人最優秀賞を受賞
された木住野さんではありますが、その後創作人形作家に転
じご自宅のアトリエでほぼ年中無休の創作活動を続けていら
っしゃるのです。
 今年は回を重ねて10回目の作品展となります。
華やかな色彩をまとった不思議なパワーを放つ人形たちを求
め、遠くは岡山、岩手、群馬方面からも熱烈な追っかけファ
ンがお見えになったこともありました。 その時の作品展で
しか見られない貴重な作品展でもあるからです。

 さー、今年はどんな変身ぶりでとちの実にやってくるので
しょうか?  そして、どんなドラマが展開するのでしょう
か?  木住野ワールドにどうぞご期待ください!


        



■ 「日高市民まつり」に集まれ〜
                                       (2014/10/26)

       <第24回日高市民祭り>
   
    ・11月8日(土)  am10:00〜pm4:00
    ・11月9日(日)  am 9:00〜pm3:00
    ・会 場 日高市文化体育館(ひだかアリーナ)

 このたびギャラリーとちの実では日高市民祭りに参加する
ことになりました。きっかけは和のアイテムのネットショッ
プ「和の風Japan Stylish」を営むオフィスハーベストの
武蔵聖子さんの呼びかけによるものです。
 オフィスハーベストさんは今回が初出店。普段から流木作
品のネットショップで大変お世話になっており、ブースの活
気付けになれればいいな〜と思っています。
 どなたでもわずかな時間で簡単に仕上がる流木のランプ作
を体験していただくよう準備しています。

   ・先着30名様(材料費¥800−)まで
   ・ブース→ オフィスハーベスト
 なお、同じブースで凧づくりの木下武男先生による凧づく
り体験も行います。 いろんなおもしろい凧がいっぱい出揃
うようですよ。
 こちらも体験しにぜひお出かけください。
 待ってま〜す


 



 HOUSE DE ART"
                     ハウス・デ・アート開催のおしらせ!

                            (2014/5/8)
   第6回 ハウス・デ・アート

    ・5月10日(土)・11日(日)
    ・11時〜17時(雨天決行)
    ・ところ:米軍ハウス(高松町)

          多摩モノレール「高松駅」より徒歩5分。
            

               
               案内図>
             
  なお、ギャラリーとちの実も出店いたします。
     ぜひ足を運んでください。 お待ちしています。

 ・場所: X−36/Studio版 銅版画工房(
                    乗兼広人さんの工房)の一角。 

 ・展示・販売: 流木の端切れを利用して作った小物で
          ペン立て、変なものたちなど。

          変なもの(例)


■プレゼントのお知らせ!      (2014/3/12)

 今年の冬は寒気団が日本の上空に居座ることが多く、厳し
い寒さと記録的な大雪には参ってしまいました。
 しかし、ここにきてようやく冬将軍も去り春らしい陽気が
やってきたようです。いよいよ梅の見ごろを迎え今月下旬に
は桜の開花便りがあちらこちから聞こえてくることでしょう
。 やはり春は心が踊る季節。日もますます長くなるって本
当にうれしいですね。
 ところで、流木工房の作品展は通常年初は2月か3月に実
施していましたが、今年は寒さが特に強かったのと、若干体
調を崩したために作業がはかどらず一か月ほど遅れてしまい
ました。流木展の開催は次の通りです。
 ぜひ足を運んでください。なお、先着30名様には流木で
作ったペン立てをプレゼントさせていただきます。
(写真参照)

   ・タイトル: 流木のかたち展
   ・期  間: 4月17日(木)〜23日(火)
                (11:00〜17:00)


 <プレゼント内容>
    
  流木のペン立て
台座は太めの流木を輪切
りにし、ペンのホルダー
個所は小枝をドリルで穴
を開け接着してあります




■ 春がやってきた!         (2014/3/8)

 今年は3月になっても一向に寒さから抜けだせないでいま
すが、動植物にとっては確実に陽の光で春を感じ取ることが
できるとか。それならとばかりに昨日(7日)の日中、菖蒲
園に春を探しに行ってきました。
 園内は人影もまばらで小鳥のさえずりが澄み切った青空に
心地よく響き渡っていました。 梅は5分咲きのものから、
まだつぼみの状態のものまでバラツキが目立ちました。今冬
は日本上空に寒気団が居座り低温状態が続いたのと、2度
にわたる記録的な大雪に影響したのだろう。梅の香りも心な
しか弱い感じがしました。
 ここ菖蒲園はその名の通り見どころは花ショウブ。下に視
線を移すと早くも新芽が芽吹いていました。また、湖面には
沢山のカモたちが春のやわらかい日差しをたっぷり受けなが
ら泳ぎ回っていました。カモたちは年々増えてきいるようで
す。
 来週後半からようやく平年並みの気温に戻り梅の見ごろが
やってきそうです。 皆さんも季節感を味わいに是非お出掛
けなってみては。


 

 

 

 

 

 

 

    ネコヤナギはちょっとおまけ!
      (我が家の庭でただ今咲き誇っています。)

 




■ ハナショウブが見ごろを迎えています!  
                           (2013/6/6)
 
 大南公園に隣接している菖蒲園のハナショウブが見ごろと
なっています。白や紫に混じって黄色のハナショウブもちら
ほら咲いていますが、今年は雨不足がたたってか株の数がグ
ーンと少なく育ちもちょっと悪いようです。 それでも毎年
ハナショウブの美しさを楽しみにしている大勢の人たちが園
内を訪れ、あちこちから「きれいだな〜」と声が上っていま
した。

 ところで、ハナショウブはアヤメ科の多年草ですが、皆さ
んはそのアヤメの違いが分かりますか?
 ごく簡単に見分けるには花びらの基にあります。
  ・ハナショウブは… 黄色
  ・カキツバタは… 白色
  ・アヤメは…網目状の模様あり

 ご存知でしたか?
 この菖蒲園は、こうしたアヤメの種類が混在しているのか
どうかは詳しく見ていないので分かりません。 折を見て調
べておこうと思っています。



 
     手前は見事に咲いているが奥は株が育っていない


 
        全体に株の育ちが悪くまばらな箇所



■ ギャラリーとちの実 
   “デエダラまつり”の夜空に舞う! 
                                               (2012/10/26)

 武蔵村山市民まつりの「第7回村山デエダラまつり」が今
月の20日、21日に行われました。
 デエダラッチ(大多羅法師)」という天を突くほどの大男
伝説にちなんだもので、現在この大男が歩いた足跡とされる
井戸が残されています。
 まつりは、活力あふれたまちづくりを目指し、地域の伝統
、文化、自然の豊かさを再認識し、市民が一体となって盛り
上げて行こうというものです。 広大な祭り会場には、展示
・飲食店コーナー、イベントステージ、わんぱく広場などが
あり大変なにぎわいを見せていましたが、なんといっても
まつりのクライマックスは、現代によみがえったデエダラボ
ッチをモチーフにした山車の出現です。
 夕闇せまるころに市内の数か所から繰り出したデエダラボ
ッチや市民が制作したユニークな沢山の山車が、囃子や太鼓
などのリズムに合わせまつり広間に合流すると、沢山のグル
ープの踊り手が山車の間に入って舞い、まつりは最高潮に達
しました。 また、今回初めてご支援させていただきました
太鼓山車広告灯の“ギャラリーとちの実”は、三日月の夜空に
光り輝き、想像を超えた驚きと感激に浸った次第です。







 

 

 

 







■ ギャラリー周辺も秋本番の装いに

                        (2012/10/16)

 小春日和の今月9日、すっかり秋めいてきた大南公園から
菖蒲園を散歩してきました。
 大南公園では色づいた木々の間から木漏れ日が注ぎ、小鳥
のさえずりは澄み切った青空に向かってひときわ響き渡って
いる感がしました。独特な匂いを発する銀杏の実も拾われる
こともなく沢山落ちていました。店頭で並ぶ実よりも小粒の
性か敬遠されているようです。それでも時が経ち果肉がしぼ
んで臭みが薄くなると、いつの間にか拾われ無くなってしま
いますけどね

 


  隣の菖蒲園では役目が終わった菖蒲や蓮たちがホッとし
たように静かに休んでいるようでした。
 こちらではマテバシイのドングリが沢山落ちていました。
加熱すれば食用になるそうですが、残念ながら未だ味わった
ことがありません。

 


 

 




■ 大南公園でツミ(雀鷹)が巣立ちました
                         (2012/8/3)

 今年6月頃から大南公園内の大木の高所で営巣していた
ツミ(雀鷹)に雛が誕生し、7月17日ごろ2羽の巣立ちがあ
ったようです。
 写真は雛誕生から注意深く見守っていたバードウオッチン
グの皆さんが巣立ち後の18日に、枝にとまっている幼鳥の雄
姿を捉えたものです。営巣は今年から始まったのか、以前か
らだったのかは分かりませんが、この公園が子育て環境に適
していた場所だったことは確かなようです。
 公園には背の高い樹木が多く、また、食性の肉食である小
鳥(雀やムクドリなど)が沢山見かけることからもうなずけ
ます。 
 それにしても、身近な大南公園にツミが営巣したこと自体
とってもうれしくなりました。 幼鳥は8月3日現在、親から
未だ餌をねだっているようです。
 キーキーと甲高い鳴き声が聞こえたらチャンスです。眼を
追ってみてください。 運が良ければツミの雄姿に遭えるか
もしれませんよ!


 




■ 菖蒲園の蓮が見ごろを迎えています! 
                          (2012/7/23)
 
 今日(7/23)久しぶりに菖蒲園に行ってきました。
 花ショウブに変わって淡いピンク色の蓮の花たちが出迎え
てくれました。 
 真夏の炎天下にもかかわらず花芽が天空に向かって真っ直
ぐ伸びている様はとっても気分を爽快にしてくれました。
 蓮の花は早朝に開き午後3時ごろには閉じますが、この開
閉を3日間繰り返した後、4日目に花びらが散るとか。また、
蓮と睡蓮(スイレン)の違い… ご存知ですか?
 菖蒲園には花ショウブゾーンの周りの水路に可憐な姿で睡
蓮も咲き誇っています。見た目の違いは花と葉っぱにありま
すが… 8月中ごろまで楽しめそうです。
 猛暑日が続きますが青く茂った葉っぱや水面を見るのも清
涼感が味わえます。チョットお出かけなさってみては
 水面にじっと目をやるとアメンボもスーイスイ泳いでいま
すよ


 

 

 

 




■ 「流木の灯りづくり教室」のご案内
                           (2012/5/1)

 GW後半の5月5日に総合住宅展示場「上尾ハウジングステ
ージ)」で 流木の小枝と麻布を用いた”灯りづくり体験教室”
を行います。 麻布からあふれる素朴な光がホッと心を癒して
くれます。 お近くにお住まいの方、お子様連れで是非ご参加
ください!
   
 ◆流木体験教室日時… 5月5日(土)
           11h〜, 13h〜, 14h〜
     *参加費は無料で完成品はお持ち帰りになれます。
     *各時間帯とも先着10名様までの予約制となっています。

               <上尾ハウジングステージ>
  http://www.housingstage.jp/exhibition/exhibition9.html



■大南公園の倒木が片づけられました!     
                          (2011/10/30)

 台風15号の被害に遭い押しつぶされた滑り台などで使用で
きない状態が続いていますが、それでも倒木はきれいに片づ
けられ子供たちの歓声が戻ってきました。黄色に色付き始め
たイチョウの木の下では銀杏を拾う人の姿も見られました。



         片づけられた公園

         色づいたイチョウの木々




■大南公園が台風被害で閉鎖中です 
                         (2011/9/26)
 
 目の前の大南公園の立ち入りが禁止となっています。公園
に併設されている駐車場の利用もできない状態となってい
ます。
 9月21日に首都圏を直撃した台風第15号の影響で大木が根
こそぎ倒れ、遊具設備の一部にも損傷が発生しているためで
す。二十数本の大木が被害に遭っているでしょうか。これほ
ど根深い大木がどうしてこんな状態に? 眼を疑いたくなる
ような惨状に、改めて今回の台風がいかに大きかったかを物
語っています。 (参照・写真)
 公園内の木々が色付きドングリ拾いに興じる大勢の園児た
ちの歓声が湧き上がってくる時期を控え、一日も早い復旧が
待たれるところです。


 

  
  
 

 

 



■流木展開催の変更について
                        (2011/9/11)

         9月15日〜19日開催予定の流木展は
       ⇒ 9月24日〜29日に変更いたします。 
          よろしくお願いいたします。

 なお、会期中は随時一輪挿しのワークショップを開催いた
します。流木と自然素材のヒモを使った壁掛け用一輪挿しで
す。 どなたでも簡単に作ることができます。
               ぜひ、ご参加ください!
      完成イメージ



■真夏の流木体験教室のご案内
                        (2011/7/9)
 
 ギャラリーとちの実では下記の住宅展示場のイベントコー
ナーで流木と麻布を使った”灯りづく り体験教室”を開催し
ます。ご参加費は無料で完成品はお持ち帰りになれます。

 真夏のこの時期に? とお思いでしょうが…
 流木の再利用や昨今の省エネ(5〜7W)にはもってこいの
アイテムなのです。 また、麻布を巻いた灯りは涼しさをも
演出してくれちゃいます。小学生以上の方でしたらどなたで
も簡単に作ることができます。
 お近くの方、この機会にぜひ親子でご参加なさってみては
いかが身軽な服装でお出かけください。 
  
  各会場とも先着30名の予約制になっています。

       
       完成イメージ
            
<詳しくは各展示場HPのイベント情報をご覧ください!>
 
8/6 ABCハウジング 横浜・町田住宅公園
      http://www.abc-housing.co.jp/


8/13 <小瀬・けやき通り>甲府住宅公園
      http://housing-messe.com/kouhuhigashi.html


8/21 住宅展示場 大宮北ハウジングステージ
  http://www.housingstage.jp/exhibition/exhibition11.html




■菖蒲園の花だより!  (第2段)  
                  (2011/6/16)

 6月16日現在、ハナショウブが見ごろを迎えています!
梅雨の中休みの今日(6/16)菖蒲園に出かけてきました。
ハナショウブを鑑賞するには絶好の空模様の下、園内には大
勢の菖蒲ファンが訪れ競い合って咲き誇るハナショウブを楽
しんでいました。  来週一杯は楽しめそうです。


 

 

   

 



■菖蒲園の花だより!    (第1段)
                   (2011/6/5)
 
 6月5日、湖南衛生組合菖蒲園に行ってきました。
池や水路が整備された園内には、30種・3000株の花菖
蒲が植えられ、最盛期には遠路より大勢の菖蒲ファンでにぎ
わいを見せますが、今年は春先の寒気の影響で1週間から
10日間ほど開花が遅れているよ うです。それでも早いも
のは一部で開花、思わずシャッターを切りました。
 また、水路には”スイレン”や”こうぼね”たちが今が盛りと
ばかりに可憐な花を咲かせていました。紫陽花もこれからに
なりそうです。
 荒井弘子展が6月13日(月)〜22日(水)まで開催されま
すが、ちょう どこのころが花ショウブの見ごろを迎えそう
です。 南仏アルル地方の素敵なスケッチ展をご覧になりな
がら菖蒲園にも是非足を運んで見てください。
ギャラリーより徒歩3分ほどの至近距離にあります。


   一部咲き始めたハナショウブ

  ハナショウブのつぼみ群

  

   水路に咲き誇る スイレン

  水路に咲く こうぼね

  これから盛りとなる 紫陽花
 


木挽き職人の実演&丸太切り体験のご案内
                       (2011/4/25)

 木挽き(こびき)という言葉をみなさんご存じでしょう
か? 大木を一丁の大鋸(おおが=大きなのこぎり)で二人
がかりで呼吸を合わせ水平に挽き裂く職人技です。一人でも
挽けますが左右に回って同じ調子で挽かなければ真っ平らな
面ができません。
 木挽き職は室町時代に遡ると言うことですが、現在その後
継者が全国でたったの2〜3人だけになってしまったそうで
す。そんな貴重な存在となった「木挽き林組」の東出(ひが
しで)さんの木挽きの実演を以下の2か所で見ることができ
ます。 また、その場で大木のクスノキの木挽き体験や杉の
丸太切りとキャンドルスタンド作りにも挑戦でき、そのまま
プレゼントとしてお持ち帰りできます。この機会に是非お子
様連れで体験なさってみては
 (両日とも、とちの実もお手伝いさせていただきます。)


       

 <日時とイベント会場>
       http://www.housing-messe.com/

  5/4 11:00〜16:00 浜田山住宅公園
               杉並区高井戸東3−36−35
               TEL.03−3332−8032
  5/5 11:00〜16:00 オークランド住宅公園
               世田谷区桜3−24−8
               TEL.03−3706−3481




流木展を下記内容で開催いたします。
                       (2011/5/12)

   と き 5月25日(水)〜28日(土) 
         
10:00〜18:00 (最終日17:00)
  ところ 茶房 萌木(もえぎ)
      小平市花小金井南町2−3−18
     TEL.0424−65−8588
 (内容) 小物を中心に、ミニ椅子・テーブル、一輪挿し
                、壁掛け、灯り、植込みポット、オブジェなど
                を展示・販売いたします。

                
  古民家を移築された素敵な茶房です。
  評判の高い美味しい珈琲をお召し上がりにながら展示コー
     ナーにも是非お立ち寄りください。



年末ふれあいコンサートがyoutubeでご覧に
   なれます。

国立音大OBの金井隆之さん齋藤由香利さん長谷川紗
織 さんたちによる2010・年末コンサート風景です。
年末にふ さわしく”クリスマスソング”が中心です。
 今後のご3名の 活躍が期待されます。
 
 http://www.youtube.com/user/yuruaco